韓国政府 アシアナ航空の新LCCに事業免許発給

【ソウル聯合ニュース】韓国国土交通部は28日、航空大手のアシアナ航空が設立した格安航空会社(LCC)「エアソウル」の国際航空運送事業免許を発給したと発表した。

 エアソウルは、金海空港(釜山市)を地盤とするエアプサンに続くアシアナ航空2社目のLCC。10月に事業免許を申請した。ソウル近郊の仁川国際空港を拠点とし、来年4~6月ごろの就航を計画している。

 国土交通部は「エアソウルの事業計画が航空法上の免許基準を満たしており、事業免許委員会の意見に基づき総合安全対策も講じたため免許発給を決定した」と説明した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース