韓国警察 日本の「児童性的虐待」オンラインゲームを調査

【釜山聯合ニュース】子どもを性的に虐待し性暴力を行う内容の日本のオンラインゲームが韓国で急速に広まっていることを受け、韓国の警察が対応に乗り出した。

 釜山警察庁サイバー捜査隊は12日、違法オンラインゲーム「奴隷との生活―Teaching Feeling」を流布しているインターネットサイト一つを突き止め、アカウントを確認したと明らかにした。

 警察は同サイトの運営者の特定を進めると同時にサーバーが韓国内にあるのか国外にあるのかなどを調査している。

 また、このゲームが児童ポルノに該当するかについて調べている。

 文化体育観光部のゲーム物管理委員会の関係者は「このゲームの国内流通は違法だ」とした上で、ゲームを流通させたりサービスを提供したりした場合、5年以下の懲役または5000万ウォン(約463万円)以下の罰金に処されると説明した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース