日本は過ち忘れず慰安婦合意を実践すべき=朴大統領

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は1日、日本の植民地支配に抵抗して1919年に起きた独立運動を記念する「3・1節」式典のあいさつで、旧日本軍の慰安婦問題をめぐる昨年末の韓日合意に関し「日本政府も歴史の過ちを忘れず、今回の合意の趣旨と精神をそっくり実践に移し未来の世代が教訓として記憶するよう努力しなければならない」と述べた。その上で、「歴史を直視する中で手を取り合い、韓日関係の新たな章を開くことを願う」とした。

 日本が韓日合意の精神を実際の行動で示し、これを基に未来志向的な韓日関係を築くことを呼びかける発言と受け止められる。

 朴大統領は高齢になった被害者の女性が相次ぎ他界する中、差し迫った心情で集中的かつ多角的に努力した結果、韓日が合意に至ったと説明した。また、「政府は被害者一人一人の名誉を回復し心の傷を癒しながら実質的な支援を拡大することに最善を尽くす」と決意を示した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース