韓国 イラン・中国などとA組=サッカーW杯最終予選

【ソウル聯合ニュース】サッカーの2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア最終予選の組み合わせ抽選が12日、マレーシアのクアラルンプールで行われ、9大会連続出場を目指す韓国はイラン、ウズベキスタン、中国、カタール、シリアとともにA組に入った。

 最終予選は9月から来年の9月までホームアンドアウェー方式で争われ、各組2位までが本大会出場権を獲得する。各組の3位同士の勝者が北中米カリブ海4位との大陸間プレーオフに回る。

 日本はオーストラリア、サウジアラビア、アラブ首長国連邦、イラク、タイとともにB組に入った。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース