日本の人気オンラインRPG 韓国企業がモバイルゲーム化

【ソウル聯合ニュース】日本の人気オンライン・ロール・プレイング・ゲーム(RPG)「ストーンエイジ」が韓国企業によってモバイル版として生まれ変わる。

 韓国のゲーム開発会社、ネットマーブルは20日、ストーンエイジのモバイル版を6月に韓国でリリースすると発表した。アンドロイド版とiOS版があり、今年の下半期には、日本、中国、米国などでもサービスを開始する。

 ストーンエイジは日本企業が開発したオンラインゲームで、中国などでも人気があり、ユーザー数は2億人に達するという。

 ネットマーブルは2012年にゲームの版権を購入し、リメーク作業を2年以上かけて行った。原作の面白さを守りながら、キャラクターやデザインを大幅に変更した。

 同社は、米国のアニメのような雰囲気を生かし、世界の老若男女のユーザーすべてが好きになるように作ったとした上で、6月に韓国でリリースした後、不足している点を補強し、世界市場を攻略すると説明した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース