韓国で5人目のジカ熱感染者 フィリピン訪問の男性

【ソウル聯合ニュース】韓国の疾病管理本部は11日、30代の韓国人男性が蚊による感染症「ジカ熱」に感染したと明らかにした。国内5人目の感染者となる。

 疾病管理本部によると、男性は先月27日に出張でフィリピンを訪問し、今月4日に帰国した。フィリピン滞在中に蚊に刺され、ジカウイルスに感染したと推定される。

 男性は今月9日に発疹や関節痛、筋肉痛の症状が現れたため医療機関を受診した。翌日行った血液検査では陰性だったが、尿検査で陽性が確認された。

 疾病管理本部は中央疫学調査官を派遣し、感染経路などを調べている。男性の容体は安定しているが、入院し追加の検査を受ける予定だ。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース