北朝鮮 「ムスダン」発射失敗=発射台で爆発か

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が31日午前5時20分ごろ、東部の元山地域から中距離弾道ミサイル「ムスダン」とみられるミサイル1発を発射したが、また失敗した。移動式発射台で爆発したとみられ、重傷者も出たもようだ。韓国軍合同参謀本部が同日午前、発表した。

 北朝鮮はムスダンを先月15日に1発、同28日に2発発射したが、いずれも失敗に終わっており、4回連続で失敗したことになる。北朝鮮はこれまで失敗した原因を分析・補完し、あらためて発射を試みたとみられるが、今回も失敗したことで中距離弾道ミサイルの技術に深刻な問題があることが浮き彫りになった。

 合同参謀本部は「現在の状況を分析している。軍は動向を注視しながら万全の態勢を維持している」と伝えた。

 韓国政府筋によると、今回は発射ボタンを押した途端、移動式発射台で爆発したもようだ。ミサイルの液体燃料には毒性の強い硝酸が酸化剤として使用されており、発射車両付近にいた要員が重傷を負ったとみられる。

 ムスダンの射程は3000~4000キロで、日本全土と米軍基地のあるグアムまで到達するとみられ、米軍をターゲットにした兵器とされる。ロシア製の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の「R27」を改造したもので、性能に問題がないと判断したのか、北朝鮮は発射実験もなしに2007年に実戦配備した。

 しかし、朝鮮労働党大会(今年5月上旬)の前に3回失敗したのに続き、党大会以降の発射にも失敗し、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長はメンツをつぶした。

 合同参謀本部関係者は「発射からどれくらいで爆発したかはさらなる分析が必要だ。北は3月15日に金委員長が(核弾頭搭載可能な弾道ミサイル実験を)指示してから、ミサイルの発射実験を続けているようだ」と話した。

 北朝鮮が今回のミサイル発射を機に、軍事的挑発を再開するかも注目される。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース