韓進海運破綻:韓国産業銀行、荷降ろしのため46億円支援

 韓国海運大手、韓進海運の経営破綻(はたん)による物流混乱を解消するため、同社メーンバンクの政府系金融機関、韓国産業銀行(産銀)が資金支援を決めた。

 産銀は22日、韓進海運の売上債権(荷主から受け取る運送料などの売掛金)を担保に500億ウォン(約46億円)を同社へ貸し出すことを決めたと明らかにした。同社と同じ韓進グループ所属の大韓航空も21日、この売上債権を担保に韓進海運へ600億ウォン(約55億円)を貸し出すと発表した。産銀の関係者は「大韓航空と同じ担保を取って資金を支援するが、産銀が資金を返済してもらう優先権を持つという条件を付けた。韓進海運に対する運営資金支援ではなく、物流混乱を解消するための支援だ」と説明した。

 物流混乱が起きて以降、韓進海運に新たに投じられた資金は総額1300億ウォン(約119億円)になる。内訳は趙亮鎬(チョ・ヤンホ)韓進グループ会長の支援が400億ウォン(約37億円)、崔恩瑛(チェ・ウンヨン)元韓進海運会長の支援が100億ウォン(約9億円)、韓進海運の自社資金が200億ウォン(約18億円)、大韓航空からの支援が600億ウォン。ここへ産銀の支援を含めると総額1800億ウォン(約164億円)に増える。さらに、韓進海運が運送料などとして新たに得た現金も最大で1000億ウォン(約91億円)ほどになるとされ、韓進海運船舶の積荷を港に降ろすために必要な資金はひとまず確保できたようだ。

尹柱憲(ユン・ジュホン)記者
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース