2兆ウォン投じた韓国型機動ヘリ、冬は苦手だった

2兆ウォン投じた韓国型機動ヘリ、冬は苦手だった

 韓国軍が「韓国製の名品兵器」と宣伝してきた韓国型機動ヘリ「スリオン」(KUH1)=写真=が、今年初めに米国で実施された結氷テストを通過できず、第一線部隊への納品が全面ストップしていることが22日までに確認された。既に実戦配備されたおよそ50機の安全が問題になるのはもちろん、今後の量産や輸出にも大きな支障を生むこととなった。

 韓国国会の国防委員会に所属する与党セヌリ党のイ・チョルギュ議員が最近防衛事業庁(防事庁)から入手した資料によると、スリオンは昨年10月から今年3月にかけて、米国ミシガン州で「機体結氷テスト」を受けた。気温5度からマイナス30度という低温多湿な環境で、スリオンの飛行の安全性を確認する試験だった。その結果、エアインテーク(空気取り入れ口)などに許容値を超える氷(100グラム以上)が付いてしまう着氷問題が見つかった。

 エンジンメーカーのゼネラル・エレクトリックによると、こうした氷がエンジンに吸い込まれた場合、エンジンのブレード(放射状に取り付けられたたくさんの羽根)が破損し、エンジンがきちんと動かなくなる。冬場のじめついた環境におけるスリオンの機動能力は、不合格判定を受けたわけだ。このため韓国国防部(省に相当)と防事庁は最近、スリオンを作っている韓国航空宇宙産業(KAI)に対し、納品中止の指示を出した。

 こうした状況にもかかわらず、KAI側は「今回の結氷試験は、零下数十度の低温と、氷ができやすい非常にじめじめした環境の下で行われた。不適合判定を受けはしたが、冬場にさほど寒くならず、乾燥している韓半島(朝鮮半島)で運用する分には問題ないだろう」とコメントした。一方、航空気象庁の関係者は「韓国では、霧が多い初冬(11-12月)や初春(2-3月)に高度600-900メートルでヘリの着氷現象が起こる。ヘリの運用部隊を訪問して、着氷関連の相談を行っている」と語った。また陸軍本部も着氷を懸念して、スリオンの使用教範に「着氷が起こったら、速やかに当該地域を離脱すること」という内容を書き込んだことが確認された。

李竜洙(イ・ヨンス)記者
前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 2兆ウォン投じた韓国型機動ヘリ、冬は苦手だった

right

関連ニュース