北核実験には迅速・強力な対応必要 韓中代表が認識 

【北京、ソウル聯合ニュース】北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議の韓国首席代表と中国首席代表が22日に中国・北京で会談し、北朝鮮の5回目核実験に対し国連安全保障理事会の新たな制裁も含め、より迅速かつ強力に対応すべきとの認識で一致した。外交筋が23日、伝えた。

 韓国の金ホン均(キム・ホンギュン)外交部朝鮮半島平和交渉本部長と中国の武大偉朝鮮半島問題特別代表は会談で、基本的に厳しい状況にあるという認識を踏まえ、今後の全般的な対応について踏み込んだ協議を行ったという。この外交筋は「迅速な対応の必要性と安保理決議としてのより強力な制裁の必要性について、(両代表の)意見が一致したと承知している」と伝えた。

 ただ、制裁の具体的な水準に関する調整がどれほど進んだかは明らかになっていない。

 中国は厳しい制裁が北朝鮮政権を危うくしかねないことを懸念し、北朝鮮経済に致命的な打撃を与えるような制裁には慎重な態度を保っているとみられる。韓米の認識とは隔たりがある。

 そのため今回の韓中首席代表会談も、制裁のレベルを含め北朝鮮核問題への対応方向をめぐる両国間の認識の溝を埋めることに焦点が当てられたとみられる。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース