中国大使 THAAD問題念頭に「韓中の経済に影響しない」

【ソウル聯合ニュース】邱国洪・駐韓中国大使は19日、ソウル市内のホテルで開かれた韓国中堅企業連合会主催の講演会で、韓中間の特定懸案について言及はしないと前置きした上で、「韓米関係の何らかの要素が中国に影響を与えれば中国政府が必要な措置を取るのは正常だ」と述べた。

 邱大使は中国政府が反対している米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の韓国配備に言及したわけではないものの、「韓米関係の何らかの要素」は在韓米軍へのTHAAD配備決定を指しているとみられる。

 また、邱大使は韓中関係を「夫婦関係」に例え、「夫婦げんかも感情に影響を与えざるを得ない。両国政府間の交流や軍事分野での交流に影響を及ぼす可能性はある。これは正常なことだ」と述べた。

 ただ、「韓中関係が中国と(経済)協力する過程で問題になれば私に言ってほしい。すぐに解決する」として、THAADの韓国配備問題が両国の経済協力に影響を及ぼすことはないとの考えを示した。

 さらに、邱大使は最近の韓国メディアの報道は感情的な傾向があるとした上で、「まるで中国が(THAAD問題を理由に)報復でもしているかのような根拠のない報道をしている」とし、経済や文化の側面で中国が報復行為を行っているという指摘を否定した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース