侵略兆候あれば「ソウル焦土化」と威嚇=北朝鮮

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は19日の論評で、韓国と米国が侵略の兆候を見せる場合、核による先制攻撃を行い、韓国の青瓦台(大統領府)とソウルは痕跡もなく焦土化されると威嚇した。

 論評は「先制打撃(攻撃)は米国と南朝鮮(韓国)だけに与えられた特権ではない」と非難。「われわれは侵略戦争挑発策動に対処し、戦争方式を先制攻撃に転換して久しい」と主張した。

 また、「もし米国と傀儡(かいらい)が下手な鉄砲打ちをする場合、南朝鮮の全地域が火の海になるのはもちろん、米本土が修羅場になるというわれわれの警告は空言ではない」と強調した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース