ドイツで韓国の菓子が人気 輸出額3年で4倍に

【ソウル聯合ニュース】ドイツで韓国の菓子の人気が高まっている。

 大韓貿易投資振興公社(KOTRA)ハンブルク貿易館によると、韓国菓子製品の対ドイツ輸出額は2013年の1156万ドル(約12億8000万円)から16年1~9月は4257万ドルに増加した。今年10~12月期の輸出額を含めない状態でも、3年間で3.7倍に増加したことになる。

 菓子だけではない。韓国の一般化粧品の対ドイツ輸出額は今年1~3月期に前年同期比73.4%増加した。同期間にネイル製品は52.3%、口紅製品は14.5%、アイメーク製品は0.5%、それぞれ伸びた。

 数年前までは韓国化粧品の知名度は高くなかったが、ブログや交流サイト(SNS)を通じて口コミが広がり、大手ファッション誌にも取り上げられたことで韓国化粧品を求めるドイツの消費者が増えた。

 ハンブルク貿易館などが先月行ったアンケート調査では、回答したドイツ人の79.3%が「韓国企業を知っている」と答えた。知っている企業を複数回答で尋ねたところ「サムスン」(65.2%)、「現代」(52.2%)、「LG」(34.8%)などが挙がった。

 購入したことのある韓国製品(複数回答)は、「化粧品」が77.8%で最も多く、「筆記用具」が59.2%、「ファッション製品」と「電子製品」がそれぞれ55.5%と続いた。

 購入理由(複数回答)は「好奇心」(65.0%)や「価格が安い」(60.0%)などが挙がった。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース