韓国軍が北朝鮮の砲撃訓練非難 「挑発には断固対応」

【ソウル聯合ニュース】韓国軍の合同参謀本部は2日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が砲撃訓練を視察し、「南朝鮮(韓国)を消し去る」と威嚇したことについて強く非難した。

 北朝鮮メディアによると、金委員長は前日、国連安全保障理事会が新たな対北朝鮮制裁決議を採択した直後、東部・元山の海岸で実施された大規模な砲撃訓練を視察した。訓練はソウルや黄海上の軍事境界線にあたる北方限界線(NLL)近くの白ニョン島、延坪島への攻撃を想定して行われた。

 合同参謀本部は同訓練について「(北朝鮮が)軍事的挑発の脅威と緊張を高め続けている」と指摘。万一、北朝鮮が挑発した場合は強力で断固たる対応を取ると警告した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース