朴大統領の弾劾案 今日発議・9日採決で合意=韓国野党3党

【ソウル聯合ニュース】韓国の野党3党は2日、朴槿恵(パク・クネ)大統領の弾劾訴追案を同日に発議し、8日に国会本会議へ報告、9日に採決を行うことで合意した。

 最大野党「共に民主党」の禹相虎(ウ・サンホ)院内代表、第2野党「国民の党」の朴智元(パク・ジウォン)非常対策委員長、少数野党「正義党」の魯会燦(ノ・フェチャン)院内代表が国会で会合を開き、合意に至った。

 弾劾訴追案の発議には国会議員(定数300)の過半数(151)の賛成が必要となる。弾劾案は発議後、本会議に報告してから24~72時間内に採決を行わなければならない。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース