クアルコムに1千億円の課徴金 過去最高額=韓国公取委

【ソウル聯合ニュース】韓国の公正取引委員会は28日、チップセット供給と特許権を連携させて確保した市場支配力で正常な競争を妨害したなどとして、米通信技術大手のクアルコムに1兆300億ウォン(約1000億円)の課徴金を課し、是正命令を出した。課徴金は韓国で過去最大となる。

 クアルコムは携帯電話メーカーから端末機価格の約5%を特許権使用料として受け取っている。クアルコムは携帯電話の中核部品であるチップセットの特許権を持っているが、チップセットではなく、端末機の価格を基準とし特許使用料を算定している。韓国メーカーがクアルコムに支払っている特許使用料は年間計約1兆5000億ウォンに達するとされる。

 クアルコムは公取委の決定に同意できないとして、是正命令の取り消しを求める書類を提出し、ソウル高裁に控訴する方針を表明した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース