韓国最大野党議員団 4日に訪中=THAAD「報復」懸念か

【ソウル聯合ニュース】韓国最大野党「共に民主党」の国会議員8人が4日から3日間の日程で中国を訪問し、同国の政府高官や朝鮮半島専門家らと面談する。米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の韓国配備問題を中心に話し合う。訪中団は中国が強く反対しているTHAADをめぐり、同党の次期大統領候補たちの「メッセージ」を中国側に伝える計画とされ、注目を集めている。

 現地では王毅外相をはじめ、共産党対外連絡部、商務省の関係者などと面談するほか、中国の安保、経済専門家と懇談会を行う予定だ。

 韓国政府は北朝鮮のミサイルの脅威を踏まえ迅速にTHAADを配備するとの立場だが、共に民主党の次期大統領候補たちは再検討の必要があると訴えている。

 訪中団メンバーの1人、宋永吉(ソン・ヨンギル)議員は「中国はTHAADに対する報復ではないと言っているが、実際は韓流公演も中止され、中国と取引する企業家は労苦を吐露している」と指摘。対韓流制裁や経済交流協力の冷え込みを緩和し、北朝鮮問題も話し合うことになると説明した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース