韓日議連会長が訪日 民団新年会出席・日本議員らと会談へ

【ソウル聯合ニュース】韓国与党セヌリ党の国会議員で超党派の韓日議員連盟の会長を務める徐清源(ソ・チョンウォン)氏が11日、日本を訪問した。

 日本では2日間滞在し、在日本大韓民国民団(民団)の新年会に出席するほか、日韓議員連盟の所属議員らと会談する予定だ。

 徐氏は朴槿恵(パク・クネ)大統領に近い「親朴系」のリーダー格であり、朴大統領の弾劾訴追案が国会で可決されたことを受け、党の臨時代表を務める印名鎮(イン・ミョンジン)非常対策委員長から離党を求められている。

 徐氏側は「韓日議員連盟会長として毎年出席したきた民団新年会を欠席できない」として、「党内の問題とは別に、以前から予定されていた」と明らかにした。その上で、「両国の経済や社会、安全保障の面でさまざまな懸案がある状況で、議員外交もおろそかにできない」と強調した。

 韓国と日本政府は釜山の日本総領事館前に旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する少女像が設置されたことなど、慰安婦合意の履行をめぐる問題で関係がぎくしゃくしている。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース