韓国大統領選有力候補支持率 トップ文氏が潘氏との差広げる

【ソウル聯合ニュース】韓国の世論調査会社のリアルメーターが12日に発表した次期大統領選有力候補の支持率調査で、最大野党「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)前代表が前週より1.1ポイント上昇した27.9%となり、首位を維持した。

 国連事務総長を退任し、この日帰国する潘基文(パン・ギムン)氏は1.2ポイント下落の20.3%となり、文氏との差が広がった。リアルメーターは外交部の潘氏の帰国セレモニーをめぐる議論や弟とおいが贈賄罪で起訴されたことなどが影響したと分析した。

 共に民主党の李在明(イ・ジェミョン)城南市長は0.7ポイント低下の11.3%、第2野党「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)前代表は0.6ポイント上昇の7.1%だった。共に民主党の安熙正(アン・ヒジョン)忠清南道知事が5.2%、朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長が4.3%で続いた。

 政党支持率は共に民主党が0.6ポイント下落した37.0%で1位を守った。与党セヌリ党で朴槿恵(パク・クネ)大統領と距離を置く非主流派の「非朴派」だった国会議員でつくる新党「正しい政党」が12.3%、セヌリ党と国民の党がいずれも12.0%だった。少数野党「正義党」は5.1%となった。

 調査は9~11日、全国の有権者1511人を対象に実施された。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース