昨年の経常黒字987億ドル サービス赤字は過去最大=韓国

【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)が3日発表した国際収支(速報値)によると、2016年の経常収支は986億8000万ドル(約11兆1340億円)の黒字だった。過去最大の黒字となった前年(1059億4000万ドル)に次ぐ大きさ。

 経常黒字は2012年に500億ドルを超え、13年が811億5000万ドル、14年が843億7000万ドルと拡大が続く。

 また、16年12月の経常黒字は78億7000万ドルだった。黒字は12年3月から58カ月連続と、最長記録を更新した。

 昨年の経常黒字をけん引したのは商品収支(貿易収支に相当)だ。1204億5000万ドルの黒字で、前年(1222億7000万ドル)に比べると18億2000万ドル少ないものの、2年連続1200億ドルを上回った。原油価格の下落で悪化した交易条件の改善も寄与した。 

 昨年の輸出は前年比5.7%減の5117億8000万ドル、輸入は7.0%減の3913億300万ドルと集計された。輸出の減少は3年連続、輸入は5年連続となる。

 一方、昨年のサービス収支は176億1000万ドルの赤字を記録した。赤字は15年(149億2000万ドル)に続き最大を更新した。

 中でも旅行収支の赤字が94億3000万ドルに上った。輸送収支は20年ぶりの赤字で6億3000万ドル。世界的な業況不振に加え、韓国大手・韓進海運の経営破綻が響いた。建設収支は86億9000万ドルの黒字だったが、海外建設部門が振るわず黒字幅は9年ぶりの低水準となった。

 給与・賃金と投資に伴う利子や配当を差し引きした所得収支は14億6000万ドルの黒字だった。

 経常移転収支は56億2000万ドルの赤字を計上した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース