訪韓日本人 4年ぶり増加も訪日韓国人の半数

【東京聯合ニュース】韓国観光公社が13日発表した昨年の訪韓日本人客数は前年比23.4%増の229万7893人で、4年ぶりに増加に転じた。

 訪韓日本人は2012年の341万8792人をピークに減少に転じ、13年は前年比21.9%減、14年は17.0%減、15年は19.4%減と毎年大幅な減少が続いていた。昨年は大きく回復したものの12年に比べると3分の2の水準にとどまった。

 訪韓日本人客数が昨年増加に転じたのは15年末の旧日本軍の慰安婦問題をめぐる韓日合意以降、両国関係が改善したことが弾みとなったとみられる。韓国観光公社東京支社の関係者は、このところ再び両国間で緊張が高まっているものの、予約キャンセルなどは見られないため、今年も増加傾向が続くとの見通しを示した。

 一方、昨年日本を訪れた韓国人は前年比27.2%増の509万300人に上り、訪韓日本人客数の2.2倍に達した。

 同公社は日本人観光客誘致のため日本の旅行会社などと連携し大々的な韓国訪問キャンペーンを展開する計画だ。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース