韓国海軍部隊 EUの対ソマリア海賊作戦に参加へ

【ソウル聯合ニュース】韓国船舶と国民の保護のためソマリア沖のアデン湾に派遣中の韓国海軍清海部隊が、欧州連合(EU)が海賊対策のため実施しているアタランタ作戦に初めて参加する。韓国外交部が14日明らかにした。
 
 ソマリア北東部、ボサソ近海でEUの部隊と共に海賊の監視や防止活動を行い、船舶の安全運航を支援する。警告射撃や制圧、検査・捜索も活動内容に含まれる。

 来月から2カ月おきに6日ずつ作戦に参加する。韓国軍の駆逐艦(4400トン)や乗員約300人、対潜ヘリコプター「リンクス」、特殊部隊も投入される。

 EUは共通安全保障・防衛施策に基づきアタランタ作戦部隊を編成した。韓国軍の参加は昨年12月に発効した韓国とEUの「危機管理活動基本参加協定」を受けたもの。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース