金正男殺害:事件の黒幕は朴大統領とサムスン電子副会長⁉

 「弾劾局面でこのように無謀で余計なこと(金正男〈キム・ジョンナム〉氏殺害)をして得をするのは誰か。それは朴槿恵(パク・クネ)大統領と与党・セヌリ党、そして国家情報院だ」

 これは、北朝鮮・金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏殺害のニュースが韓国国内で報道された14日夜、インターネット・メディア「タンジ日報」の掲示板に掲載された書き込みだ。あるネットユーザーが「正男氏殺害事件は韓国の保守勢力が主導したショーだ」として、こうした主張を書き込んだ。このネットユーザーは「なぜ弾劾を控えているこの時期に、このようなニュースが飛び出したのか。韓国政府が弾劾局面から抜け出そうとして正男氏をわざわざ殺害し、メディアに流したのだ」と書いた。

 左派性向を持つ一部ネットユーザーたちが「正男氏殺害事件は韓国政府がやった」という主張を拡散、騒動になっている。彼らは政府の公式発表や報道を信じず、何の根拠もない主張を広めている。

 インターネットのコミュニティー・サイト「今日のユーモア」には15日、「弾劾審判中の朴大統領が、弾劾が棄却されるようにとあらゆる手を尽くしたが結局どうにもならず、北朝鮮の金正恩に使いを送り、正男氏暗殺を頼んだ」という書き込みが掲載された。「選挙を前にして北風が吹く(北朝鮮の影響がある)」「もしかしたら今回の事態にも(朴大統領の知人で国政介入問題の中心人物でもある)崔順実(チェ・スンシル)被告が介入しているのではないか」「朴大統領とサムスン電子・李在鎔(イ・ジェヨン)副会長が崔順実問題から逃れるためにやった」という主張もあった。あるネットユーザーは「朴大統領と金正日をつなぐ『秘線(公にできない関係にある人物)』が正男氏だった」という週刊誌の報道に触れて「韓国政府が口止めのため暗殺したようだ」と書き込んだ。

イ・スルビ記者
前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース