韓日外相がドイツで会談 少女像問題など議論

【ボン聯合ニュース】20カ国・地域(G20)外相会合に出席するためドイツ・ボンを訪問している韓国外交部の尹炳世(ユン・ビョンセ)長官と岸田文雄外相が17日、同地で会談した。

 両氏は釜山の日本総領事館前に旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する少女像が設置された問題や、日本の独島領有権主張などについて意見を交わしたとされる。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース