韓中日の五輪組織委が協力事業 職員交流や公演団派遣

【ソウル聯合ニュース】2018年に韓国で開催される平昌冬季五輪・パラリンピックの組織委員会は17日、韓中日3カ国の五輪組織委員会の協力事業を発表した。

 平昌五輪組織委員会によると、3カ国の組織委と国際オリンピック委員会(IOC)は同日平昌で開かれた局長級会議で、職員交流や通訳派遣教育、共同の広報館設置、聖火リレーの開催自治体間での公演団派遣などで合意した。

 3カ国の組織委の協力は平昌五輪組織委の李熙範(イ・ヒボム)委員長がIOCのバッハ会長に提案し実現した。

 来年の平昌冬季五輪に続き、20年に東京五輪、22年には北京冬季五輪が開催される。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース