【記者手帳】来韓したスカーレット・ヨハンソンに「韓国大統領の弾劾どう思う?」

【記者手帳】来韓したスカーレット・ヨハンソンに「韓国大統領の弾劾どう思う?」

 「米国でも大統領弾劾の声が後を絶たないと聞いています。韓国大統領が弾劾されたことをご存じですか? これについてどう思うか気になるのですが」

 17日午後、ソウル市内のCOEXインターコンチネンタル・ホテルにあるグランド・ボールルーム。新聞社・テレビ局からインターネットの芸能メディアまで記者だけで300人以上が集まっていた。ステージ上のハリウッド女優スカーレット・ヨハンソン(32)=写真=は表情を少しこわばらせた。ヨハンソンは、SF映画『ゴースト・イン・ザシェル』の公開(29日)をPRするため日本から飛行機に乗って来た。韓国に来たのも初めてだ。ある記者が韓国大統領弾劾について質問したのは、「画面を圧倒する演技の目力の秘訣(ひけつ)」や「原作(1995年公開の日本のアニメ映画)がある映画のキャラクターを演じる難しさ」など新作映画についていくつかやり取りがあった後だった。

 ヨハンソンは少し戸惑った様子で「私を韓国の政治に巻き込むのですか? 準備ができていないんですが」と冗談でかわそうとしたが、こわばった表情までは隠し切れなかった。そして、「私もニュースでは読みました。非常に複雑な状況のようですね。面目をつぶしたくないなら、この問題には巻き込まれない方がよさそうですね。もちろん、トランプについては言いたいことが山ほどありますが」と答えた。

 ヨハンソンは韓国人にとってスーパーヒーロー映画『アベンジャーズ』シリーズの魅力的なスパイ「ブラック・ウィドウ」でおなじみだ。ハリウッドを代表する若きフェミニストであり、反トランプの立場を表明している。テレビのバラエティー番組に出演してトランプ大統領の娘イバンカさんのパロディーをしたこともある。

 次は「映画のように透明人間になったら、まず何がしたいですか」という質問が出た。ヨハンソンは凍り付いた雰囲気を何とか和らげようと笑顔で「青瓦台(韓国大統領府)に入り、弾劾の質問に対してもう少しうまく答えなさいと言いたいですね」と言ったが、ぎこちない冗談に誰も笑わなかった。すると、今度はヨハンソンが「あまり面白くなかったですか? 反応があまり良くないですね?」と言ってぎこちなく笑った。

 この日の会見が行われた40分間で、ヨハンソンが受けた質問はたった7つだった。彼女はトランプ大統領と米国の政治に対する見解を問われた最後の質問にはまったく答えなかった。翌日の一部新聞やインターネット・メディアには「スカーレット・ヨハンソン、透明人間になったら青瓦台で弾劾調査」という見出しが出ていた。

文化部=李泰勲(イ・テフン)記者
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 【記者手帳】来韓したスカーレット・ヨハンソンに「韓国大統領の弾劾どう思う?」
  • 【記者手帳】来韓したスカーレット・ヨハンソンに「韓国大統領の弾劾どう思う?」

right

関連ニュース