北のミサイルエンジン 韓国国防部「性能に意味ある進展」

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部は20日の定例会見で、北朝鮮が前日公開した新型の高出力ミサイルエンジンの燃焼実験と関連し、「エンジン性能に意味のある進展があると評価される」と述べた。また、北朝鮮が公開したエンジンはメインエンジン1個と補助エンジン4個を組み合わせたもので、新型エンジンを開発しようとしているとの見方を示した。正確なエンジンの推力や今後の活用の可能性については、さらなる分析が必要だと伝えた。

 北朝鮮メディアは19日、北西部・東倉里の西海衛星発射場(ミサイル基地)で燃焼実験を行い、「成功した」と報じた。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース