ロッテ創業家一族 そろって初公判に出廷=韓国

【ソウル聯合ニュース】横領や背任などの罪に問われているロッテグループ創業家一族の初公判が20日、ソウル中央地裁で開かれ、一族がそろって法廷に立った。

 公判には被告人の出廷が義務づけられており、創業者の辛格浩(シン・ギョクホ、日本名:重光武雄)氏、格浩氏の次男で韓国ロッテグループ会長の辛東彬(シン・ドンビン、日本名:重光昭夫)氏、東彬氏の兄の辛東主(シン・ドンジュ、日本名:重光宏之)ロッテホールディングス(HD、本社・東京)前副会長が出席した。

 そのほか、格浩氏の長女でロッテ奨学財団理事長の辛英子(シン・ヨンジャ)氏、格浩氏の内縁の妻、徐美敬(ソ・ミギョン)氏も出廷した。グループ総帥の一族が同時に法廷に立つのは異例だ。



 高齢で健康状態の悪い格浩氏は、公判開始から約20分後に地裁に到着した。準備されていた車椅子に乗って移動した格浩氏は、取材陣からの罪状を認めるかとの問いにうめくような声を上げたまま、何も語らずに法廷に移動した。先に到着した東彬氏は「ご心配をかけて申し訳ない。裁判に誠実に臨む」と述べた。
 この日の初公判では格浩氏が高齢ということもあり、起訴事実に対する格浩氏の立場を確認する冒頭陳述のみが行われる。
 東彬氏は取締役や顧問などとして名前だけ登録し、労働の実体のない一族などに給与を支払ったとして508億ウォン(約51億円)の横領や背任の罪などに問われている。また、ロッテシネマの売店の運営権を不当に安く売却しロッテショッピングに774億ウォンの損害を、赤字の系列会社の有償増資に別の系列会社を参加させるなど471億ウォンの損害をそれぞれ負わせた罪で起訴された。
 格浩氏は実体のない給与の支払いによる横領と858億ウォンの脱税、背任などのほか、非上場の株式を系列会社に高価で売却し、94億ウォンの損害を負わせた罪に問われている。
 東主氏は業務の実体のない給与391億ウォンを受け取った罪で、英子氏と徐氏は脱税のほか、ロッテシネマの売店の不法賃借について共謀した罪などでそれぞれ起訴された。



 格浩氏らの公判は、準備手続きだけで5回開かれた。捜査段階からロッテ側が激しく反発しており、罪の成立可否と背任・横領の金額をめぐって検察とロッテとの間で激しい攻防が繰り広げられると予想される。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース