国政介入:被疑者・朴前大統領が出頭「誠実に取り調べに応じる」

国政介入:被疑者・朴前大統領が出頭「誠実に取り調べに応じる」

 被疑者として検察に出頭することになった韓国の朴槿恵(パク・クンへ)前大統領が、9日ぶりに自宅から姿を現し、ソウル中央地検に到着した。

 普段と同じように髪をアップにして、コバルトブルーのコートを身に着けた朴・前大統領は、21日午前9時16分ごろ自宅を出て、少し支持者の方を見た後、すぐさま待機していた車(現代自エクウス)に乗り込んだ。

 車はテヘラン路を通り、9時25分にソウル中央地検へ到着した。朴・前大統領は「韓国国民の皆さんに対し、恐縮に存じ上げる。事情聴取には誠実に臨みたい」と短いコメントを残して、庁舎内に入っていった。朴・前大統領が自ら立場を表明するのは、今月10日に憲法裁判所の弾劾審判で罷免されて以来、きょうが初めて。

 庁舎10階の1001号取調室で事情聴取を受けることになっている朴・前大統領は、事情聴取に先立ち、地検の李永烈(イ・ヨンリョル)検事正など捜査指揮陣と簡単なティータイムを共にする予定だ。

 朴・前大統領には職権乱用・収賄など13の容疑がかけられている。検察はきょう、朴・前大統領に対し「崔順実(チェ・スンシル)国政介入疑惑」全般について事情聴取を行う計画だ。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 国政介入:被疑者・朴前大統領が出頭「誠実に取り調べに応じる」

right

関連ニュース