韓国最高層ロッテワールドタワー 4月3日オープン

【ソウル聯合ニュース】韓国最高層のロッテワールドタワー(123階建て、高さ555メートル)が来月3日にオープンする。

 ソウル南東部・蚕室の複合商業施設、第2ロッテワールドにあるロッテワールドタワーは展望台、ホテル、レジデンス、オフィスなどで構成されている。

 1~2階には金融センター、メディカルセンター、フィットネスセンター、ギャラリー、14~38階には多国籍企業のアジア本部などが入居するオフィス、42~71階にはレジデンス(ホテルのようなサービスが受けられる高級マンション)223世帯が入居する。

 レジデンスの分譲価格は坪単価7000万ウォン(約705万円)程度と予想される。

 このレジデンスには韓国ロッテグループ会長の辛東彬(シン・ドンビン、日本名:重光昭夫)氏もオープンと同時に入居する予定だったが、現在グループ創業家が横領や背任などの罪に問われて公判が行われている上、朴槿恵(パク・クネ)前大統領の親友、崔順実(チェ・スンシル)被告の国政介入疑惑と関連して検察の捜査も受けている立場のため、すぐに住居を移すのは難しいものとみられる。

 76階から101階までは高級ホテル「シグニエル」として使用され、81階にはミシュラン三つ星を獲得した有名シェフが運営するレストランも入店する。

 108~114階にはオフィス、117~123階には展望台「ソウルスカイ」が入る。オープン時点で高さ世界3位(500メートル)の展望台で、118階には透明なガラスの床から478メートル下が見下ろせる、世界で最も高いところにあるガラスの床の展望台「スカイデッキ」が設置される。

 展望台からはソウルの全景が一目で見渡せる。可視距離は最大40キロメートルで、天気が良ければ仁川の松島や黄海まで見渡すことができる。

 地下1~2階と展望台を結ぶエレベーター「スカイシャトル」は、世界で最も長い距離を最も速く動く「ダブルデッキエレベーター」(上下に繋がった2台のかごが同時に動くエレベータ―)だ。

 19日にはスカイシャトルが地下で25分間停止する事故が発生し、当初22日に予定していた展望台のオープン日程が延期された。

 ソウルスカイ展望台の関係者は「エレベータ―事故については申し訳ない」と謝罪し、「精密点検を行い、4月3日のグランドオープンには問題がないようにしたい」と伝えた。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース