米軍が朝鮮半島に原子力潜水艦展開 北朝鮮に圧力

【ソウル聯合ニュース】韓国軍の関係者は21日、米国が先ごろ海軍のロサンゼルス級原子力潜水艦「コロンバス」(満載排水量約7000トン)を朝鮮半島に展開したことを明らかにした。韓米の海軍が野外機動訓練「フォールイーグル」の一環として19日から朝鮮半島周辺の全海域で実施している大規模海上訓練に加わっているとされる。

 コロンバスは数千キロ離れた地上のターゲットを精密攻撃できる巡航ミサイル「トマホーク」や対艦ミサイル「ハープーン」、魚雷などを搭載している。2012年、14年にも朝鮮半島に展開され、訓練に参加した。

 原子力空母「カール・ビンソン」、長距離戦略爆撃機「B1B」に続く戦略兵器の朝鮮半島展開で、米国が北朝鮮への圧力を強める姿勢を示したとの見方が出ている。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース