韓国検察「朴前大統領、誠実に答えている」

【ソウル聯合ニュース】韓国の憲政史上初めて憲法裁判所の罷免決定により失職した朴槿恵(パク・クネ)前大統領への聴取を行っている検察は21日午後、「朴前大統領は誠実に答えている」と明らかにした。黙秘はしていないようだ。

 朴前大統領はこの日午前9時35分から、ソウル中央地検10階の取調室で収賄など13件の容疑について聴取を受けている。

 検察捜査本部の関係者によると、聴取は予定時間通りに進んでいないものの、大幅な遅れもないとされる。朴前大統領は聴取が終われば帰宅する予定だが、終わる時間は未定だという。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース