あす6カ国協議韓米代表会談 中国との連携を協議=外交部

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の趙俊赫(チョ・ジュンヒョク)報道官は21日の定例会見で、ソウルで22日に開かれる6カ国協議の韓米首席代表会談について「北の脅威の深刻性と緊急性に対する米新政権の明確な認識と、北の核問題解決に向けた強力な意志を示すもの」と説明した。

 先の金寛鎮(キム・グァンジン)青瓦台(大統領府)国家安保室長の訪米、韓米外相会談に続き韓米首席代表会談が開催されることについて、趙報道官は「米国側が北朝鮮核問題を安全保障分野の最優先の懸案として扱っていることを示している」と述べた。

 また、北朝鮮の新たな戦略的挑発の懸念が浮上しているほか、来月開催される見通しの米中首脳会談などを踏まえ、韓米はいつになく緊密な連携を続けると強調した。

 朝鮮半島の安保をめぐる懸案で、米中日など周辺国が韓国外しをする「コリア・パッシング」の可能性が懸念されていることについては、韓米両国が対北朝鮮政策の立案、推進の過程で緊密な協議を行っており、協議は今後さらに緊密になるとの見通しを示した。

 先ごろ韓中日3カ国を歴訪したティラーソン米国務長官が日本について「最も重要な同盟国」、韓国について「重要なパートナー」と述べ、韓日に対する評価に差をつけるような発言をしたとの指摘については、「韓日のどちらも強力な同盟国でありパートナー」と述べた米国務省のトナー報道官代行の発言などに触れながら反論した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース