国政介入:朴槿恵氏出頭に世界が注目、日本メディアは生中継

外信各社、朴前大統領の起訴の可能性に大きな関心

 ソウル中央地検に容疑者として出頭した朴槿恵(パク・クンヘ)前大統領について、世界の主要メディアは21日、「韓国の民主主義史上初めて『罷免された大統領』となった朴槿恵前大統領が検察の前に現れた」として、起訴される可能性について大きな関心を示した。

 米国メディアは同日、朴前大統領が事情聴取を受けるため検察に出頭したとのニュースを速報で伝えた。AP通信は「韓国初の女性大統領のドラマチックな没落」と報じ、CNNは「朴前大統領は起訴されるとみられる」と報じた。ニューヨーク・タイムズは「2009年に廬武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領が親族に関連する不正資金疑惑で検察の捜査を受けて以来、再び前職の大統領が検察の捜査を受けることになった。朴前大統領が起訴されれば、1990年代の軍部独裁者2人(全斗煥〈チョン・ドゥファン〉、盧泰愚〈ノ・テウ〉の両元大統領)が不正蓄財と反乱罪などで投獄されて以来の前職大統領の裁判となる」と報じた。

 NHK、テレビ朝日、フジテレビ、日本テレビなど日本の主要テレビ局は朴前大統領がソウル・三成洞の自宅を出てから検察に出頭するまでの全ての過程を生中継した。朴前大統領の支持者らが三成洞の自宅前に集まる場面、朴前大統領が検察の中に入っていく場面が一日中繰り返し放送された。毎日新聞は「韓国の検察が収賄など13の容疑で朴前大統領を追及している」と報じた。

 中国国営の中国中央テレビ(CCTV)も朴前大統領の出頭の様子を生中継で伝え「今回の事情聴取の核心は収賄容疑が立証できるかどうかだ」と報じた。ロイター通信は「朴前大統領の有罪が立証されれば、重刑になる可能性がある」との見方を示した。

ニューヨーク= 金徳翰(キム・ドクハン)特派員 , 東京= 金秀恵(キム・スヘ)特派員
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース