ソウルで料理教室を開く中川秀子さん 来月講演

【ソウル聯合ニュース】韓国のソウル図書館が、来月17日に料理研究家の中川秀子さんを招いて「異国の料理、味の記憶そして癒し」と題した講演を開く。

 日本で生まれ、韓国国籍を取得した中川さんは、ソウル市の延禧洞で料理教室を運営して10年になる。

 ドイツ、スペインを経て韓国に定住した中川さんは、10代から70代までさまざまな人々と料理を作りながら得た人生と料理に関する物語を収めた書籍「秀子の延禧洞料理教室」などを著した。

 今回の講演では、中川さんが世界各国で暮らして出会った人々と料理にまつわる記憶、フランス料理のシェフだった父親のレシピと日本料理に関する思い出、さまざまな調理道具とテーブルセッティングなどに関する話をする。

 受講料は無料で、来月4日までソウル図書館のホームページ(lib.seoul.go.kr)で先着順80人を募集する。

 問い合わせはソウル図書館世界資料室(02-2133-0308)まで。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース