THAADは北朝鮮核への防御措置 中国は報復中止を=韓米日

【ソウル聯合ニュース】韓国と米国、日本の3カ国は19日、東京で第9回の防衛実務者協議(DTT)を開き、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備は北朝鮮の核・ミサイルへの防御措置であることを再度確認し、中国の報復措置の中止を求める報道文を公表した。韓国国防部が伝えた。

 報道文は「3カ国の代表はTHAADを配備することにした韓米同盟の決定は北の核・ミサイル脅威に対応するための自衛的な防御措置であり、域内の国にいかなる脅威も与えない措置であることを再確認し、韓国に対する圧力と報復は非理性的かつ不適切であり、直ちに中止しなければならないということで一致した」とした。

 また、「3カ国はTHAADが必要となった根本問題の解決のため、関連国が積極的な役割を果たさなければならないよう促した」と明らかにした。

 一方、「海洋安全保障の重要性を含め、域内の安全保障懸案について議論し、航行や上空飛行の自由は保障されるべきで、紛争は平和的に解決しなければならないことを再確認した」とした。南シナ海の領有権問題を巡り、周辺国と対立している中国を狙ったメッセージをみられる。韓国と日本が南シナ海問題について、あらためて米国と歩調を合わせたことになる。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース