韓国人の平均年齢は41.2歳 9年で4.2歳上昇

【ソウル聯合ニュース】韓国の行政自治部は20日、住民登録している人口の平均年齢が今年3月末時点で41.2歳となり、9年間で4.2歳上がったと発表した。

 住民登録による人口統計システムを用いた集計が始まった2008年の平均年齢は37.0歳だったが、14年に40歳を超え、それから3年でさらに1.2歳上がった。

 市・道のうちで最も平均年齢が若いのは世宗市の36.8歳だった。

 3月末現在、韓国の住民登録人口は5171万4935人で、2月末より2714人(0.01%)増えたことが分かった。

 住民登録している世帯数は2138万1346世帯で、1世帯当たりの人数は2.42人だった。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース