安倍首相が靖国神社に供物 「深い遺憾」=韓国

【ソウル聯合ニュース】極東国際軍事裁判(東京裁判)のA級戦犯が合祀(ごうし)されている靖国神社の春季例大祭に合わせて安倍晋三首相が真榊(まさかき)を奉納し、国会議員らが集団参拝したことについて、韓国外交部は「日本政府と議会の責任ある政治指導者らが過去の日本の植民侵奪と侵略戦争を美化し、戦争犯罪者を合祀した靖国神社に再び供物を奉納し、参拝を強行したことに深い憂慮と遺憾を表する」と表明する報道官論評を発表した。

 論評は「日本の責任ある政治指導者なら、歴史を正しく直視しながら過去の歴史に対する謙虚な省察と真摯(しんし)な反省を行動で実践し見せなければならない」と強調した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース