中国で冷遇された韓国特使団、首脳会談の確約もなし

香港行政長官と同じ席の位置

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領の対中特使として中国を訪れている李海チャン(イ・ヘチャン)元首相は19日、習近平中国国家主席に文大統領の親書を渡し、同大統領が早急な首脳会談開催を希望していることを伝えた。また、役務分野でも韓中自由貿易協定(FTA)締結交渉を推進したいとの意向を表明した。

 同日午前10時(現地時間)、北京人民大会堂で習近平主席と会談した李海チャン特使は「大統領選当選後の祝電に続き、直接お祝いの電話までいただき感謝している」という文大統領の言葉を伝えると共に親書を手渡した。

 これに対して習近平主席は「中国は韓国との関係を重視している。相互理解と尊重を基礎に、政治的信頼を強固にして確執を解決し、両国関係の正常化を推進しよう」と述べた。習近平主席はまた、「韓国新政権との意思疎通を強化し、韓半島(朝鮮半島)の緊張緩和と非核化を推進、一日も早く対話・交渉を再開できるよう願う」とも述べた。李海チャン特使によると、習近平主席は終末高高度防衛ミサイル(THAAD)問題については、「韓国側が中国との関係の重要性や歴史的な観点から判断するのが良いと思う」と語ったという。

 李海チャン特使は主要20カ国・地域(G20)首脳会議が行われる7月初めと、韓中国交正常化25周年の8月24日の両国首脳会談開催を提案した。習近平主席はこの提案と役務分野のFTA締結交渉提案について即答を避けた。

 今回の訪中について、李海チャン特使はTHAAD問題での韓中間対話チャンネルが設けられたことに意義があるとしている。同特使は「今後、THAADに関して深く話し合うため代表団を派遣したいとの意向を伝えると、習近平主席も実務議論を進めるよう話をした」と語った。

北京=李吉星(イ・ギルソン)特派員
前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース