「審判買収」全北現代元スカウト、W杯スタジアムで自殺

 審判を買収したとして有罪判決を受けた韓国プロサッカー「Kリーグ」全北現代の元スカウト(50)が16日午前、首をつって死んでいるのが発見された。全北現代関係者が発見した時、元スカウトは全州ワールドカップ(W杯)スタジアムの観客席近くで首をつった状態だったという。

 元スカウトは2013年、チームに有利な判定をしてほしいという意味で主審2人に数回にわたって500万ウォン(約50万円)を渡したとして起訴され、懲役6月、執行猶予2年の有罪判決を言い渡された。全北現代は昨年、この事件のため韓国プロサッカー連盟から勝ち点9を減点され、Kリーグ優勝を逃した。警察関係者は「チームから契約解除された元スカウトは生活苦に陥っていたと見られる。遺族によると、元スカウトは無念の思いを訴えたいたとのことだ」と語った。

全州=キム・ジョンヨプ記者
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース