平昌五輪:1年で完成のスライディング・センターに高評価

全長2018m、最短期間の1年で完成

平昌五輪:1年で完成のスライディング・センターに高評価

 来年開催される平昌冬季五輪で「そり3種目」(リュージュ・ボブスレー・スケルトン)が行われる江原道平昌郡の「オリンピック・スライディング・センター」(旧アルペンシア・スライディング・センター)は世界で19番目に建てられたそり専用競技場だ。

 現在の工程率は94%。興味深いのは、この競技場がさまざまな記録を持っていることだ。まず、五輪開幕の年を記念して全長を2018メートルにした。また、スタート地点とゴール地点の標高差が約120メートルと世界最大で、アジア初の室内練習場も設けられている。

 だが、オリンピック・スライディング・センターが完成するまでには紆余(うよ)曲折があった。スライディング・センターの建設には高度な技術力が必要だ。ボブスレーの最高速度は時速150キロメートル、スケルトンは140キロメートル、リュージュは135キロメートルで、選手の安全を考慮して何度もチェックを繰り返し、手直しを重ねなければならない。

 工事期間も最低2年6カ月以上がかかる。問題は、韓国企業に工事経験が皆無だということだった。訪韓した国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は失敗を見越して長野との分散開催に言及するほどだった。

 しかし、韓国はちょうど1年という最短期間でこれを完成させた。その秘訣(ひけつ)はどこにあったのだろうか。

■IOC委員長が失敗予見も最短期間で完成

 スライディング・センターは約2キロメートルという超大型の氷の滑り台を作るようなものだ。曲がりくねったトラックを作るため、トラックの骨組みである「ジグ」(jig・パイプをかけられるようにする台)を作り、鉄筋と冷凍配管を設置する。その後、コンクリートを打設して(流し込んで)形を作らなければならない。ジグ製作がカギなのだ。

 今回のオリンピック・スライディング・センター建設には、これまでのスライディング・センター建設時に使われていない技術が総動員された。スライディング・センターがある国はすべて、現場で手作業によりジグを製作・設置した。それだけ時間とコストがかかり、誤差も大きかった。

イ・ユンジョン記者
前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 平昌五輪:1年で完成のスライディング・センターに高評価

right

関連ニュース