ゴルフ:素振り毎日300回、「飛ばし屋」女子高生チェ・ヘジン

ゴルフ:素振り毎日300回、「飛ばし屋」女子高生チェ・ヘジン

 「優勝してうれしかったでしょう」と問い掛けると「その時はいいんですが、また次の大会の準備をしなければなりませんからね」と言いながら笑みを浮かべる。

 7月2日にアマチュア選手としては、2012年の金孝周(キム・ヒョジュ)に次いで5年2カ月ぶりに韓国女子プロゴルフ(KLPGA)ツアーで優勝したチェ・ヘジン(18)=鶴山女高3年=は、恥ずかしがり屋だった。常に心を開いて話をするゴルフ国家代表チームのパク・ソヨン・コーチが横にいなければ、話の糸口が見つからない。5日に京畿道城南市の南ソウル・ゴルフ場で出会ったチェ・ヘジンを知っているファンは、非常に多かった。チェ・ヘジンは、世界女子ゴルフを総なめにする韓国が再び生み出した大型有望株なのだ。

 チェ・ヘジンは、今週US女子オープンに参加するため、8日に出国した。「まずは予選突破が目標だ。昨年よりもいい成績を残したい」と意気込んだ。昨年のUS女子オープンでの成績は34位だった。

 チェ・ヘジンは、いったんコースに出ると、怖いもの知らずの選手へと変身する。常に100パーセントの力でドライバーショットを飛ばす。165センチというお世辞にも恵まれているとは言えない体格だが、ドライバーで平均260-270ヤード(1ヤード=約0.91メートル)を飛ばす。ショットに距離が出る上、正確性も高い。秘訣(ひけつ)を聞くと、しばらく考えてから「スイング練習を必ずしています」と答えた。チェ・ヘジンは毎日1時間ずつ300回もスイング練習をしているという。ドライバーからウェッジに至るまでボールを置かずにスイング練習をしてみると、崩れたスイング軌道を修正することができるという。チェ・ヘジンは、クラブにウエートリングを挟んで多少重くすることでトレーニングに励んでいる。スイングスピードを高めるためだ。

閔鶴洙(ミン・ハクス)記者
前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • ゴルフ:素振り毎日300回、「飛ばし屋」女子高生チェ・ヘジン

right

関連ニュース