歌手の夢かなえた元慰安婦

歌手の夢かなえた元慰安婦

 元従軍慰安婦のキル・ウォンオクさん(89)=写真=が自ら歌った愛唱歌15曲入りのアルバム「キル・ウォンオクの平和」を出すことになった。

 10日、ソウル市麻浦区の「戦争と女性の人権博物館」で行われたアルバム制作発表会で、キル・ウォンオクさんは収録曲「恨(ハン=無念の思い)募る大同江」「南原の春事件」などを熱唱した。キル・ウォンオクさんは昨年9月から韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)、ヒュー・マネジメントと共にアルバムを作ってきた。一般の人々も全15曲中7曲でコーラスにより参加している。

 キル・ウォンオクさんは「家に1人でいると、他人が聞こうが聞くまいが私が好きだから歌う。それが仕事」と言った。「録音された声を聞いた時、どんな気持ちでしたか」と質問されると、「どう聞こうと私の声、私の歌」とはにかんで笑った。

 挺対協の尹美香(ユン・ミヒャン)常任代表は「キル・ウォンオクさんははじめ、歌が上手なことを隠していた。韓国社会では女性としてつらい過去を持つ個人が歌や踊りが上手なことを偏見の目で見ていた時代があったからだ。キル・ウォンオクさんに慰安婦の歴史を語ってもらう代わりに、得意なこと(歌)をしてもらうのが我々のすべき仕事だと思った」と言った。

 キル・ウォンオクさんは14日の「世界慰安婦の日」にソウル・清渓広場のステージに立ち、正式に「歌手デビュー」する予定だ。アルバムは2000枚作製したが、著作権問題で正式販売できない。その代わり、元慰安婦たちに10万ウォン(約1万円)以上寄付する「20万同行人」に参加した市民にプレゼントとして配る予定だ。

ソン・ユジン記者
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 歌手の夢かなえた元慰安婦

right

関連ニュース