読者の意見:韓国高速道路SAのトイレ、美しさよりも使いやすさを

 外国人観光客が韓国を旅行する際、高速道路サービスエリアのトイレを利用するとその清潔さ、快適さ、便利さに驚くという。もちろん韓国人もその恩恵にあずかっているが、最近は「ちょっとやり過ぎでは」と感じるようにもなった。数々のインテリアに小物が飾られ、ホテルにも劣らない高級感を醸し出す格調高い音楽が流される所もあった。

 また入り口のドアと壁が区別できず、急に用を足さねばならない時にとまどうケースや、動きが遅い高齢者や子供がうまく利用できないトイレもたまにある。今後は見た目よりも使いやすさに重点を置いてはどうか。また無用な飾り物よりも本当に必要なものを置くべきだ。小学校の教室のように、トイレに対して環境美化アイデアを募集するのもやめよう。無意味な投資やランク付けによる浪費はやめて、清潔さの維持と管理にもっと力を入れてほしい。

パク・スンオクさん(ソウル市中区)

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース