8歳児サイズ!? 韓国の女子高生を悩ます「超スリム制服」

8歳児サイズ!? 韓国の女子高生を悩ます「超スリム制服」

 ソウル市陽川区内の女子高では制服のブラウスを「へそT」と呼ぶ。丈が短く、体にフィットする「へそ出しTシャツ」のようだからだ。腕を肩より上にすればわき腹が見えてしまうほど短い。この学校に通うチョンさん(17)は「制服に体が閉じ込められているような感じ」と言った。

 ソウル市鍾路区内の女子高に通うパクさん(17)は「制服を着ると腕を動かすのが難しい。まっすぐ座っていると腰が痛い」「制服のブラウスを着てかがむと、腰から背中近くまですそが上がってしまう」と言った。今、女子中学生・女子高生の夏の制服が問題になっている。多くの学校が見栄えを重視し、ウエストラインは細く、丈は短くデザインした制服を採用している。普通の体格の生徒でも少し動くと下着や肌がかなり出てしまい、通常の活動が難しい。体格が大きめの生徒は体のラインが出る制服が原因で恥ずかしい思いをすることもある。「制服のせいで生徒の人権が侵害されている」という声も上がっているほどだ。

 かつての制服は活動性を考慮してゆったりめの物が多かった。一部の生徒が外見を重視してスカートの丈を短くしたり、ウエストラインを細くしたりするよう「修理」した。だが、最近では最初から体のラインを強調するような制服になっている。ゆったり着るには難しいデザインだ。自分の実際の体のサイズよりも大きい制服を買っても状況は変わらない。鍾路区内の女子高生は「冬の制服よりも2サイズ大きくして夏の制服を買っても、ウエストがすごく細くなっていて、ご飯を食べると服が食い込んで苦しい」と言った。

ソン・ホヨン記者
前のページ 1 | 2 | 3 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 8歳児サイズ!? 韓国の女子高生を悩ます「超スリム制服」

right

関連ニュース