北朝鮮危機:韓国大統領府「米朝間の舌戦に韓国の大統領が介入して意味があるのか」

 韓国大統領府(青瓦台)の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長と米国ホワイトハウスのハーバート・マクマスター大統領補佐官(国家安全保障担当)は11日に電話会談を行い、北朝鮮の挑発に対する、軍事的措置を含んだ「段階別の措置」について話し合った。この日の話し合いには、北朝鮮との戦争を前提にした「予防的攻撃」は含まれなかったと伝えられている。韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、11日も北朝鮮向けのメッセージを出さなかった。大統領府の関係者は「今、朝米の間を行き来しているのは言葉の戦い。直接ミサイルを撃ったりしているわけではない状況。(そんな状況で)韓国の大統領が介入することに、安全保障上どういう意味があるのかについて考えている」と語った。

■「国民の安全のための段階的措置を話し合った」

 鄭安保室長とマクマスター補佐官は11日午前8時から40分間、電話会談を行った。大統領府の朴洙賢(パク・スヒョン)報道官は「二人は北朝鮮の挑発や緊張をあおる行為に伴う、最近の韓半島(朝鮮半島)および周辺の安全保障をめぐる状況への対応案を協議した。双方は、両国の安全保障と国民の安全を確保するために取っていく『段階別の措置』について、緊密かつ透明に協力するという約束を再確認した」と語った。今回の電話会談は、韓国側の要請に基づいて行われたという。

 大統領府の中心的な関係者は「電話会談開催の事実を公開したのは、『朝米間の緊張が高まっているのに、なぜ韓国政府は何もしないのか』という指摘があり、そうではないということを伝えるためという目的もある」と語った。

鄭佑相(チョン・ウサン)記者 , 李竜洙(イ・ヨンス)記者
前のページ 1 | 2 | 3 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース