「スカートの中のぞいてみて」 朝鮮時代展示館に批判

展示館側「謙虚に反省、作品は廃棄」

「スカートの中のぞいてみて」 朝鮮時代展示館に批判

 朝鮮時代の女性のチマ(韓服のスカート部分)の中をのぞく展示作品をめぐり、批判の声が相次いでいる。

 このほどインターネット上のコミュニティー・サイトに「ある展示の美人図活用」というスレッドが立った。あるトリック・アート展示館でチマの中を見るという体験コーナーがあるとの内容だった。この文章と共に掲載された写真には、チマをめくり上げる入場者が写っている。

 この体験コーナーは朝鮮時代の画家、申潤福(シン・ユンボク)の代表作「美人図」に描かれている女性のチマを立体製作した作品だ。韓服のチマをめくり上げると、中の女性の脚と下着があらわになる。案内板には「朝鮮時代の美人のチマの中をのぞき見ることができるたった一度のチャンスをお見逃しなく」と書かれている。外国人観光客のために、同じ内容を英語・中国語・日本語に翻訳してあった。この書き込みを見た人々は「一体何の意味があるのか」「何をしたいのか分からない」などと批判の声を上げている。

 騒動になっている展示館はソウル市鍾路区仁寺洞にある「博物館が生きている」という名の展示館であることが分かった。この作品は平面の絵を特殊表現技法で立体的にして体験するのが特徴で、2014年から展示されているという。

 騒動が拡大しているのを受けて、展示館側は公式ホームページで「今回の『美人図』をモチーフにした作品について、メディアや一般の皆さんのご指摘・ご批判に100%同意する。謙虚にこれを受け入れ、反省した。問題になった作品はすぐに廃棄した。ほかの作品でも不快感を与える可能性のある作品をチェックした」と告知した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 「スカートの中のぞいてみて」 朝鮮時代展示館に批判

right

関連ニュース