駐メキシコ北朝鮮大使 国外追放命令に反発

【メキシコ市聯合ニュース】メキシコ政府から追放命令を受けた北朝鮮のキム・ヒョンギル駐メキシコ大使は8日(現地時間)、追放命令について、「北朝鮮の核開発計画は米朝の敵対関係の産物でありメキシコとは何の関係もない」と強く反発した。複数の地元メディアが報じた。

 キム大使はメキシコ市の北朝鮮大使館前で報道陣に対し「メキシコ政府が法的、道徳的に根拠のない措置を取ったことに対し抗議と遺憾の意を表明する」と述べた。

 また「われわれは世界で最も残酷な制裁にもかかわらず最も強力な核兵器を手に入れたので怖いものは何もない。米国が敵視政策を放棄しない限り、核兵器を強化させていく」と強調した。

 メキシコ政府は7日、北朝鮮の6回目核実験や弾道ミサイル発射に抗議し、キム大使を「ペルソナ・ノン・グラータ」(好ましからざる人物)として72時間以内に国外追放すると発表した。

 キム大使は10日に出国する予定。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース