北朝鮮大使 制裁決議を「断固拒否」=米国を威嚇

【ジュネーブ聯合ニュース】北朝鮮の韓大成(ハン・デソン)駐ジュネーブ代表部大使は12日に開かれたジュネーブ軍縮会議で、国連安全保障理事会が全会一致で採択した北朝鮮に対する制裁決議について、「法的根拠がない安保理決議を断固拒否する」と述べた。さらに決議を主導した米国に対し「これまで経験したどのような苦痛よりも大きい苦痛を味わうことになるだろう」と威嚇した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース