韓国統一部「北は挑発・制裁の悪循環から抜け出すべき」

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の白泰鉉(ペク・テヒョン)報道官は13日の定例会見で、北朝鮮に対し「挑発と制裁の悪循環から抜け出し、核問題の平和的解決の道と対話のテーブルに出てくることを望む」と呼び掛けた。

 北朝鮮がこの日、「外務省報道」を発表し、北朝鮮の6回目核実験を受け国連安全保障理事会が採択した新たな制裁決議に対する反応を示したことについては「これまでの安保理決議に対する北の反応の中では最も低い形式」としながらも、今後の北朝鮮の出方をさらに見守る必要があると述べた。

 白報道官は「北は国際社会の重大な警告を深刻に受け止め、韓国政府と国際社会が提示する非核化と平和の道に出てくるべきだ」と重ねて促した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース